歯科で分かる歯周病の初期段階

歯周病は、日本人の8割がなっていると言われる国民病です。痛みがないまま進行していくので、気付いたときには重症化していることが珍しくありません。しかし、初期の段階で気づいていれば、早目に治療ができ、進行を食い止めることができます。歯科医院では、虫歯のチェックだけでなく、歯周病のチェックもしてくれます。特に、歯茎が腫れていたり、歯を磨くと出血すると言う場合にはすでに初期症状が出ていることが疑われます。できるだけ早く受診し、状態をチェックしてもらうことが大切になります。この段階であれば、口の中を清潔にすることで健康な状態に戻ります。

歯周病の初期症状とは

歯周病は大人のおよそ8割が罹患しているといわれているお口のトラブルです。自覚症状がなく進行するため、気づくとすでに末期の状態ということも十分にありえます。初期症状として多いのは、歯磨きをするときに出血をすることです。健康な歯茎は薄いピンク色で歯と歯の間がブイの字ですが、罹患しているとぶよぶよと腫れていたり、赤くなっていたりします。また、ものを噛むと出血をしたり、熱いものや冷たいものがしみたりします。歯科で検診をうけると、早期に発見をすることができ、歯を失う前に治療をすることができます。また、歯科ではブラッシング指導も行ってもらえます。

新着情報

↑PAGE TOP