歯科での歯周病の手術とは

重度の歯周病ともなると歯科で手術が必要になることがあります。歯周病とは歯垢が固まった歯石が付着して、歯ぐきが炎症を起こすことから始まります。そして歯と歯ぐきのす き間が深くなって歯周ポケットが出来、放置すると最悪の場合は歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまうこともあります。そこでそうなる前の治療を行う必要があります。歯周ポケットを浅くするためのものです。歯ぐきを切開して歯垢を取り除き、必要であれば歯槽骨を整形し、歯ぐきを縫い合わせるという方法です。これを歯科ではフラップ手術と言います。そうならないためにも、歯垢除去が最も大切です。

手術が必要な歯周病の状態とは

歯周病菌は多くの日本人が感染しているとされていますが、何もせずそのまま放置している人も中にはいます。しかし放置することで症状が進行し、歯科での手術が必要になることもあります。歯と歯茎の間には歯周ポケットと呼ばれる隙間があり、これが深くなりプラークが溜まると歯槽骨が溶け歯が抜け落ちる可能性があります。本来は歯が抜ける前に対策を取ることが必要となり、その治療法として歯茎を切開し歯周ポケットにある炎症を起こした組織を取り除きプラークを取り除くフラップ手術をします。歯周病は正しい歯磨きをすることで改善することも予防することも可能なので、定期的に歯周ポケットの状態を歯科で確認してもらうことは、後に大変な思いをしない方法でもあるのです。

↑PAGE TOP