歯科の2大疾患歯周病の判定基準

歯科の2大疾患といえば、齲蝕症(いわゆる虫歯)と歯周病です。特に後者は自覚症状がないだけで大半の大人がなっているといわれています。この診断には、歯周ポケット測定を行います。歯周ポケットとは、歯と歯茎の隙間のできている深さのことです。ここに歯垢や歯石がたまることで病状が悪化します。歯周ポケット測定には、プローブと呼ばれる1ミリ単位のメモリのついた細い針のような器具を歯と歯茎の隙間に差し込むような形で行います。この深さが1~2ミリなら健康、3~5ミリが中程度の歯周病、6ミリ以上が深刻な状態です。測定は一般の歯科医院で可能です。自覚症状のない方は一度検診で自分の状態を把握するとよいでしょう。

歯周病防止には歯周ポケット測定

歯周病にならないためにも歯周ポケット測定を行うべきです。歯周ポケットは歯と歯茎の境目の溝のことを言います。その深さをポケット探針という先が尖った器具で歯科医にて測定します。深さが1ミリから2ミリまでは健康な歯茎とされ、3ミリから5ミリで中程度の歯周炎、6ミリ以上の場合には歯周病が進行している可能性が高くなります。その深さを定期的に歯科医で測定することにより歯茎の状態を判断することができます。その溝には汚れがたまっていて歯茎の健康を阻害します。その汚れを除去することにより病気の進行が妨げられ健康な歯に近づきます。

↑PAGE TOP