末期になる前に歯科医院で治療を

歯と歯肉の境目の磨き残しによってその箇所に、細菌が増殖して腫れや炎症を帯びる疾患を歯周病と言います。虫歯と同様に歯科医院で治療される病の1つでもあり、プラークという細菌が原因とされます。歯垢とも呼ばれるプラークは粘着性の強い物質を出し、結果歯肉に炎症を引き起こし末期になると歯を支える骨を溶かし歯を失うことに繋がります。プラークはうがい程度では取り除くことが難しいですが、かつては不治の病であった歯周病は司歯科医院で予防、治療可能になってます。歯肉が腫れる、ブラッシングで出血するといった症状を自覚したら悪化の前に治療に向かうことが大切です。

歯周病の末期はどうなるのか

高齢になると歯が抜けおち、入れ歯になる人が多いのは、以前は老化によって歯が抜けてしまうと考えられていました。しかし、歯を失う多くの理由は歯周病が原因です。これは、成人のおよそ8割が罹患している病気であり、口の中の細菌によって歯の骨が溶けてしまう病気です。歯磨きをしなかったり、ストレスがたまっていたり、不規則な生活をすることによって、最初は歯肉炎を発症します。しかし、そのままほうっておくと、歯の根にまで浸透して、歯がグラグラしてしまいます。これが末期の状態です。予防をするためには歯科に定期的にいき、早期発見をすることと予防歯科をすることです。

↑PAGE TOP