歯科での早期治療で歯の健康を

特に痛みがなくても進行するのが歯周病です。歯科医院での定期検診を受けることで、歯周病の進行にストップをかけることができますので、年に数回は必ず受診したいものです。定期検診では歯周ポケットの深さを調べることになります。この深さが3mm以上となっている場合は歯周病が疑われますので、ブラッシングの指導を受けたり歯石除去をしてもらうなどをしながら、健康な歯茎の状態を取り戻すようにしていくこととなります。軽度であれば適切なブラッシングで再び歯茎が引き締まります。歯科医の指導に従って早期治療を心がけましょう。

↑PAGE TOP